最近のニュース記事

ニュースカテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットニュース速報

ユニクロのWeb戦略

数年前のフリースの流行から、ユニクロはいまいち伸び切れないのか。

キャンペーンにYouTubeを活用したり、ダンサーの動画が見られるユニークなブログパーツを配布するなど、ユニクロは昨年から、Consumer Generated Mediaを活用したWebプロモーションに力を入れているようです。

2004年頃から、ユニセックスや「お手頃価格」路線は堅持しつつもある程度の脱却を図り、外部と組んだメッセージ性を持つ共同企画商品の開発(特にレディース物)や、買収したブランドのノウハウ移入、乳幼児向け商品の開発も行っているが、基本的には当り障りのないデザインの商品が多い。

SPAへの転換後、1900円のフリースや2900円のジーンズなどが、価格破壊の象徴としてマスメディアなどにも紹介されて爆発的にヒットしたが、あまりに大量に売れ(フリースの販売数が3650万枚)、着用している人が多いためか、着用しているのがばれる「ユニバレ」と呼ばれる現象が広がり、ユニクロ服を着ていると「ダサい」「恥ずかしい」とされ、経営悪化の原因となった。しかし価格に対する品質自体はかなり高く、衣料品としての完成度は非常に高い。その品質の高さはデザイナーの間でも一定の評価を得ており、2006年8月から世界各国の著名デザイナーとのコラボレーションにより「デザイナーズインビテーションプロジェクト」を立ち上げ、通常数万円もするようなデザイン性の高い商品を1万円未満の低価格で販売している。ジーンズもリング製法を使ったものなどを出している。

過去に柳井氏自身が「ユニクロは国民服」等、衣服としてファッション性を軽視しているととられかねない発言を行ったこともあったが、アメリカ・ニューヨークに旗艦店を立ち上げるにあたり、ベーシックな商品を大量に販売するスタンスは維持しつつ、ファッション性を強めた商品を提案し、接客を重視する方向性に転換しつつある。


コンテンツは若年層を意識してトータルコーディネートを提案。これまで弱かった若い女性の取り込みや、1人当たりの購入点数増を狙っている。ブログの口コミを活用したWebプロモーションならマス広告と比べて低コストで世界展開でき、「GAP」「ZARA」など競合する海外ブランドに対抗するためのブランド力醸成にもつながるという。


低コスト・CGMで世界に発信──ユニクロのWeb戦略
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071106-00000047-zdn_n-sci
スポンサーサイト

ネットニュース速報

有楽町イトシアってなんですか?あぁソレですか。

有楽町に複合商業施設である有楽町イトシアがオープンしたそうだ。前日午後1時ごろから並んでいた女性を先頭に長蛇の列ができて、最後尾はなんと3時間待ちだったとか。

有楽町イトシアの公式サイトはこちらです↓↓
有楽町イトシア-YURAKUCHO ITOCiA-

日本2店舗目となるクリスピー・クリーム・ドーナツが注目だそうです。メインのお店としては有楽町マルイ。戦後数十年に渡って有楽町で営業を続けてきたという甘味処の「おかめ」や「シネカノン有楽町2丁目」という所もあります。

新たな人の集まる場所になりそうですね♪


有楽町イトシア、オープン。話題のドーナツ2号店は3時間待ち
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000010-oric-ent

ネットニュース速報

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。