最近のニュース記事

ニュースカテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットニュース速報

ソニーのプレステ3苦境、任天堂のWiiは加速!

PS3は日本では2006年11月11日に発売されました。発売時からイマイチだった記憶があります。ソニーと任天堂が発表した上半期のゲーム機世界販売台数は、プレステ3が202万台でWiiが733万台。

圧倒的にで、プレステ3はWiiの3割にも満たないですね。累計販売台数でもプレステ3は半分以下で、ソニーは厳しくなっていますね。

64とプレステの対戦では逆だったのでは、と思い出しました。

PS3で発売される予定だったモンスターハンター3がWii向けに変更されましたね。一人勝ちの任天堂の優勢はさらに広まる勢いですね。

SCEのCEOとしてPS3の開発を主導した久夛良木健は、PS3の発売以前のインタビュー記事において「プレイステーション3はゲーム機じゃない、コンピュータだ」と繰り返し発言し、PS3が従来のゲーム機の枠に留まらない、エンタテインメントに特化した家庭用スーパーコンピュータであることをアピールしていた。そしてソフトウェアをユーザーが独自に開発できる環境(Linux等)を提供することで、PS3というハードの魅力に惹かれたパワーユーザーが独自のソフトウェアを開発するハードウェア主導型の市場形成を見込んでいた。

久夛良木はハードで損をしてもゲームソフトのライセンス料で儲けを出すという従来の家庭用ゲーム機のビジネスモデルも否定しPS3ではコンピュータとしてのビジネスモデルを目指すと発言。家庭内ネットワークで真価を発揮するCellをCPUとして採用したことや、下位機種が税込みで6万円台という当初の価格設定はそういった戦略の一環であった[51]。また、従来のゲーム機が半導体技術の進化に伴い同じ性能の製品をより安い価格で販売していたのに対し、パソコンと同様に価格帯は同一でハード性能を向上させることで性能を陳腐化させないとのビジョンを示す[52]。

しかしながら、久夛良木の提示したPS3像は一般には受け入れられず、その価格から「性能は高いが値段も高いゲーム機」として見なす声が圧倒的であった。そのため、発売前に価格を1万円以上引き下げるという発表がなされる。これはPS3が従来のゲーム機と同様にハード単体では儲からないビジネスモデルに移行したことを意味する。

発売後も、ゲーム機としては高い価格設定ゆえにライバル機であるXbox 360やWiiとの販売競争に苦戦するPS3であったが、2007年6月に久夛良木の後継としてSCEのCEOとなった平井一夫は「PS3はゲーム機です」と明言して前任者の唱えたビジョンを事実上否定[53]。初期モデルの価格引下げや、PS2との互換性を省いた廉価モデルを出すことでゲーム機としてのPS3をユーザーにアピールする方針を打ち出している。

プレステ3の苦境さらに 業界はWiiシフト加速
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000951-san-ent
スポンサーサイト

ネットニュース速報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://youtubenetnews.blog118.fc2.com/tb.php/45-d7cb7765

PSP「プレイステーション・ポータブル」 セ

いちばんに惹かれるのは,やはりその薄さと軽さでしょう.旧型機(PSP-1000)を持っていないので比較はできませんが,思わず声が出たほどで,長時間プレイの負担も軽減しそうです.メニュー画面は,ほかのSONY製品でも見かけるクロスメニューで,移動・選択が容易ですし,...

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。