最近のニュース記事

ニュースカテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットニュース速報

初音ミクの次、第2弾は鏡音リンです

話題となった初音ミク。その初音ミクの次は鏡音リンというものらしい。

クリプトン・フューチャー・メディアによると、メロディと歌詞を入力すると合成音声で歌う楽曲制作ソフト「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第2弾「鏡音リン」を12月下旬ごろ発売するそうだ。

第1弾が売れただけに、2弾もきっと売れるでしょう。
初音ミクにはまっている人は、鏡音リンも欲しくなるでしょうからね。


ソフトの普及・話題作りには、動画投稿サイト「ニコニコ動画」が大きな役目を果たしている。

2007年9月上旬の時点では既存の楽曲を『初音ミク』に歌わせたカバー曲が多くを占めていたが、徐々にオリジナル曲が増え始める。

「ニコニコ動画」では、『初音ミク』以前から既にクリプトン社のVOCALOID『MEIKO』を使用した動画が投稿されており、制作側も「ニコニコ動画」のユーザに支持されることへの期待があったと同社は9月12日述べた。

発売後爆発的な売れ行きとなったことについて、クリプトン社はコアユーザが積極的に「ニコニコ動画」に投稿したこと、その動画を見たユーザの反響が大きかったことを要因と考えている。

9月20日、投稿されたオリジナル楽曲『みくみくにしてあげる♪』は8日間で50万回以上再生された。ほぼ時を同じくして販売実績が大幅にのびているため、一部では「売り上げに貢献した」との見方もある。ただし因果関係は定かではない。また『みくみくにしてあげる♪』はmp3でも配布され、mixiミュージックでも注目を集めた。初音ミクによる楽曲のみならずキャラクターそのものも人気を博している。

10月2日には『みくみく』が秋葉原で販促用の店頭デモにも使用され、ブログ等で紹介されるなど話題を呼んだ。
また、ニコニコ動画では、初音ミクが「ディレイラマ」というヴォイス系シンセサイザーVSTiと一緒に歌われる事もある。


初音ミクの次は「鏡音リン」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000061-zdn_n-sci
スポンサーサイト

ネットニュース速報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://youtubenetnews.blog118.fc2.com/tb.php/69-3f0fcb14

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。