最近のニュース記事

ニュースカテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットニュース速報

亀田興毅が日本ボクシングコミッションに謝罪

亀田興毅が「今回の件を厳粛に受け止め、陳謝いたします」と謝罪したそうですね。

もちろん、WBCフライ級タイトル戦で亀田大毅が反則行為を繰り返した問題についてです。

その試合のセコンドについた亀田興毅ですが、今回JBCに対して電話で謝罪したのです。

記者会見で無言だった弟のかわりに誤ったということです。

しかし、多くの人は亀田家に対して、まだまだ厳しい意見を持っていると思います。


そこで、動画でも見てくださいw

亀田大毅と亀田親父のゴキブリ発言会見とその後の現実。編集、亀田親子処分編


亀田興がJBCに謝罪=ボクシング
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071018-00000123-jij-spo

ネットニュース速報

ノリックこと、阿部典史さんにファンらが泣き別れ・・・

1週間ほど前に32歳の若さで交通事故で亡くなったノリックこと阿部典史さん。出棺時にはゼッケン81を付けた愛用マシン「YZF-R1」を関係者らが始動し、エンジン音が2度、3度と会場を包むとファンは泣き崩れ「ノリック、ありがとう!」と叫びながら見送っていたそうだ。

阿部典史さんは、東京都出身のモーターサイクル・ロードレースレーサー。エントリーネームはニックネームでもある「Norick Abe(ノリック・アベ)」

父はオートレース選手の阿部光雄。5歳からバイクに乗り、ポケバイ、ミニバイクレースを経験。15歳で渡米しダートトラック、モトクロスの修行をする。全日本ロードレース選手権フル参戦一年目の1993年に最高峰クラスの500ccクラスにおいて、史上最年少の18歳でチャンピオン、そして500ccクラス最後のチャンピオンとなった人だった。

スタートに秀で、WGP時代には予選10位台から1コーナーをクリアした時にはトップ集団に食い込んでいることも多かった。独特の前輪に荷重させたライディングスタイルはマイケル・ドゥーハンに「最も才能に恵まれているが最もリスキー」と言わしめた。



<阿部典史>ノリックに別れのエンジン音、3000人号泣
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071013-00000010-maiall-moto

ネットニュース速報

内藤大助が亀田について語りました・・・・・乙w

亀田に勝利し、初防衛を成功させた内藤大助殿。彼が亀田について語りました。

内藤はまず「防衛できてホッとした」と語り、亀田大毅の反則については「本当に腹が立った」と怒りを示したそうだ。そして「自分の体が大事。もう亀田家とは試合をやらない」と言った。

あの試合を見た人なら知っていると思う。ボクシングのWBC王者を決める試合で、あの酷さ。試合中に亀田父は脅しみたいなこともして、兄は反則行為をしろとアドバイスしている。

亀田兄弟は駄目でしょ。父がアレだから駄目なのでは?
まずジムを変えて教育しなおしてください。


さて、内藤は苦労人と報道されていますよね。
よく知らない人のために説明しよう。

内藤大助は1974年8月30日生まれ。WBC世界フライ級王者・元日本&OPBF東洋太平洋フライ級王者。宮田ジム所属。入場曲はC-C-Bの「Romanticが止まらない」。既婚で子供1人。

元WBA世界ライトフライ級王者亀田興毅との対決を熱望していたが、対戦を仕向けても亀田陣営は「6回戦レベル」などと挑発しながらも、対戦に対しては全く乗ってこなかった。

その後、ポンサクレック3度目の挑戦の直前「世界王者になれたら、亀田を挑戦者に指名する」とコメントをし、後日世界王座を獲得した。

亀田は「(内藤が世界王者になったことで)ボクシングのレベルが下がった」と発言しており、両者の動向が注目されていた。

そして、現在。亀田・・・・・乙ww


<ボクシング>初防衛の内藤「もう亀田家とは、やらない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000096-mai-spo

ネットニュース速報

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。